Monthly Archives: 7月 2016

私のダイエット

一昨年の春頃に、会社の健康診断で高血圧でひっかかり近くの病院に行くと、そこの医師に「とにかく痩せなきゃダメだよ。そのお腹大丈夫?」ときつい調子で言われました。
その病院に定期的に通うことになったのですが、そのたびに「とにかく痩せなさい」と。
その頃の体重はもうすぐ65キロになりそうでした。私の身長は158cmなので、たしかに太りすぎだったと思います。

それまでもダイエットはしなくてはいけないと思い夜炭水化物を抜いたり、甘いものを極力避けてはいたのですが、昼食に異常に空腹になり、カップラーメンにおにぎり2個とか、ラーメンに半ライスに餃子とか、つい食欲に負けて食べてしまうこともあって、このまま70キロとか80キロになるのではないかと恐れていながら、今一つ本気になってなかったような気がします。

しかし、この医師の言い方があまりに怖いので流石に真剣になり、やはり運動だ、とりあえず歩こうと早朝に30分から1時間ほど歩いてみることにしました。
そして食べ過ぎないように、お腹が空きすぎると暴飲暴食走ってしまうので、とりあえずの空腹を抑えるために低カロリーのチョコや、飴、微糖のコーヒー等を摂ることにしました。
そうしているうちに、実は20代後半まで食も細く体重も42・3キロの細かった、食が細くて太れなかった体質に戻ったのか半年もたつと、お昼ご飯にカップラーメンだけで、とかおにぎりだけで、ラーメンだけでと単品ですむようになりました。
体重も半年で6キロほどおち、結果現在で12キロ減り、血圧も少し下がり、あの医師にもあまり怒られなくなりました。
まだまだ痩せているとはいえず、たぶん9号サイズの服はきついと思いますが、この調子で少しずつでも減らしていければと思います。
もはや美容とか、ファッションだけではなくて健康に支障がある年齢なので。とにかく60キロの大台から抜けられて良かったと思います。

転職の時に気にした美容の事

美容師を諦めて、違う職種に就こうと就活しました。
IT関係の会社に応募したところ、服装、髪型自由とのこと。
リクルートスーツも持っていましたが、ありきたりかと思い、H&Mへ。
ツイードのジャケットと白レースのタンクトップブラウスを購入しました。

黒いパンツは持っていましたのでそのまま使用しました。
髪の毛は黒くせずに、深いブラウンに染め直し、艶感を出してもらいました。
ボブだったので、ストレートにのばし、顔にかからないようにしたりしました。
メイクは黒のアイラインは使わず、ブラウンのアイシャドウでぼかす程度にし、マスカラも付けすぎないようにしました。
今はマツエクがあるのでナチュラルなマツエクでもいいかもしれません。
とにかくきちんと感と派手過ぎない事が大事だと思いました。

見事に面接が受かり、初出勤の時。
周りは金髪もいるし、ネイルゴテゴテギャルもいますが、最初の印象は大切にすべきだと思います。
特に業種が違うと求められるファッションや見た目も全然違うということを痛感しました。

毎日のお化粧は低予算で効果的に!

日々の通勤通学でもお化粧は必須ですよね。
交通費でお金は出て行くばかりで化粧は必須なのにお金なんてそこまでかけてられません。
髪の毛もアホ毛防止しようとするとスプレーやワックス代がかかります。
私はとにかく低予算でやってました。

まず下地は日焼け止め兼用です。
日焼けしちゃうと写真と肌の色が違って「ん?何か写真と違うね?本人?いつ撮ったの?」なんて言われてしまったりするので日焼け厳禁です。
私の日焼け止めはニベアです。コストパフォーマンス的に優秀です。
次にコンシーラーでムラを無くします。特に毎日の通勤通学で疲れ切った肌を着かれてない元気な肌に見せなきゃいけませんので目の下のクマ隠しは念入りに必要です。

コンシーラーで足りなければコントロールカラーも使って隠します。
キャンメイクで揃えました。結構定着も良かったです。
ファンデーションは私はプリマヴィスタを愛用してました。私の肌色に合っていたのとケースがかわいいって言う理由です。
ケースかわいいのは実は重要ですよ。
化粧直しするときにかわいい方がテンションが上がります。

次に眉毛です。
実は私は形も色もこだわっていました。
ちょい太めの茶色眉、山はゆるめでありながらもきりっと。です。
パウダータイプのモノとペンシルタイプのモノを使います。
眉尻はスッキリとペンシルで書きましょう。
業種にも寄りますがやはり清潔感のある明るい印象が重要です。
しかしいくら明るくてもきつすぎる印象や情けない眉では×、自立した大人の眉に書き上げます。

アイラインはペンシルでやわらかめに。
アイシャドーは厚ぼったく見えないように影をつけたり寒色を差します。
眼鏡をしている場合は眼鏡の印象の方が強いのでブラウンなどのアイシャドウが重宝します。
そしてチーク。
ローズピンク系ではなくオレンジ系で血色が良い肌に仕上げるくらいでOKです。
ほっぺたぷくぷくの幼い顔にならないよう注意しましょう。

さて最後に口紅ですがこれは化粧してますよ私!というアピールもかねますのでたびたびチェックしましょう。
リップライナーだけでも相当変わりますので唇が荒れちゃう人はリップライナーを試してみてください。

足をきれいにする方法

薄着の季節になるとどうしても気になってしまうのがムダ毛の処理です。
あの面倒さを知っている人なら「他の人はどうやっているんだろう」と思ってしまいますよね。
もちろん一番早いのは脱毛エステです。
でも、エステに行くほど時間もないし、何より近所にないっ!って人は意外と多いんです。

そんな人におすすめなのが除毛クリーム ラブリーレッグです。
プロも認めた、というかプロ御用達のクリームなので少々お高いのですが肌を痛めずに脱毛できてしまうスグレモノです。
その効果を確かめるテストでは、男性のすねの毛をたった5~10分でつるつるにしているのです。
最初は信じられませんでしたが、公式サイトには実際に脱毛した写真が掲載されています。

脱毛の原理はアルカリ性の溶剤でムダ毛を分解していくのですが、肌への影響もしっかり対応されています。
それもそうですよね。プロ仕様なら肌の弱い人にも使用することはあるでしょうから、肌の弱い人でも問題なく使えるようになっているのです。

もし怖いと思ったら、ちょっとだけ付けてテストしてみるとよいかと思います。
自分の肌に影響がないと判れば安心して使えますしね。
また脱毛し終わった後はしっかり保湿することが推奨されています。
いくら肌への影響が少ないとはいえ、体毛と肌は同じ弱酸性。
肌には皮脂によるバリアがあるとはいえ、そのバリアは洗い流されてしまうので、しっかりケアしないといけないのです。
2回目を使うときもこのバリアが回復するまで2~3日待ってから除毛するのが良いみたいです。